カジノ マリーナベイサンズ

marinabaysands-夜景 シンガポール

marinabaysands-ガーデンバイザベイ

シンガポールは今やマカオ、ラスベガスに次ぐ世界第3位のカジノ大国になっていて、シンガポール=巨大なカジノリゾートというイメージはあながち間違いではないでしょう。

実は世界第3位となったシンガポールのカジノ市場は「マリーナベイサンズカジノ」「リゾートワールドセントーサカジノ」のたった2つカジノだけで毎年6,000億円以上の売上ということですから観光客の多さがうかがえるというものです。

 

カジノとしてのシンガポールも有名ではありますが、シンガポールには複数の人種が混在し、そこにそれぞれの文化が広がっていることで多種多様な建造物やグルメ、自然、レジャーなど多くの観光スポットが存在することも魅力になり世界一の観光立国になっているというのも頷けます。

 

そのシンガポールのカジノの2代巨頭のひとつのマリーナベイサンズはラスベガスのサンズが土地を含め総工費80億シンガポールドルで建設されたカジノリゾートです。

シンガポールのカジノ「マリーナベイサンズ」

marinabaysands-夜景

Marina Bay Sands(マリーナベイサンズ)はラスベガスのVenetia(ヴェネチアン)やThe Palazzo(ザ・パラッツォ)、マカオのTHE Venetian Macao(ザ・ヴェネチアン・マカオ)を展開する「ラスベガス・サンズ」が展開するカジノです。

マリーナベイサンズの3つの塔の上に船が乗っかったような独特な建造物はイスラエル系カナダ人の建築家モシェ・ サフディによって設計されました。

屋上の敷地は1ヘクタールほどで展望台からは海岸の向こう側まで景色を楽しむことが出来ます。

また、有名なインフィニティプールは宿泊者しか利用することができない世界一高い場所にあるプールです。

 

マリーナベイサンズの象徴となる3つの塔の前にはシアター・ブロックとコンベンションセンターのブロックとカジノのブロックがあります。

宿泊でマリーナベイサンズを利用していなくとも、マリーナベイサンズのカジノだけでなくショッピングモールやスカイパークなど観光名所になっているので訪れる観光客がたくさんいます。

マリーナベイサンズの所在地

住所

住所:10 Bayfront Avenue Singapore 018956
電話番号:+65 6688 8888(日本からは0800-2220602)
ホームページ:http://www.marinabaysands.com/

交通手段

シンガポール観光-MRT

  • チャンギ国際空港からMRT東西線(East West Line)でパヤレバ(PAYA LEBAR)駅下車。
  • パヤレバ(PAYA LEBAR)駅からMRTサークル線(Circle Line)でベイフロント(BAYFRONT)駅下車。
  • ベイフロント(BAYFRONT)駅からマリーナベイサンズカジノまで徒歩すぐ。

マリーナベイ・サンズのカジノの入り口はマリーナベイサンズに着くとあらゆる場所に表示があり迷うことはないので安心してください。

入場料は無料で「外国人用スポット」から入ることが可能です。

チャンギ空港からはタクシーで30分弱、MRTでは約1時間ほど時間がかかります。

マリーナベイサンズカジノの特徴

マリーナベイサンズのカジノは総フロア4階、15,000平方メートルを超えるゲームスペースを持ち世界最大級の広さを誇ります。

 

マリーナベイサンズのカジノの入場時のセキュリティは他の国のカジノよりも若干厳しめで列の始めと、入場直前の計2回パスポートチェックする事もあります。

 

世界最大のスワロフスキークリスタルのシャンデリアが光り輝き、カジノ場はB1と1Fが平場、2F以上がゴールド会員のフロア「紅宝(ルビールーム)」とVIP会員のフロア「パイザルーム」で構成されています。

 

1Fの平場はかなり活気があり多くの人で盛り上がっています。

ゲームはバカラを中心に添えたテーブルゲームフロアが広がり、その周囲をスロットマシーンエリアやレストランで囲んでいる形になっています。

マリーナベイサンズのカジノは600台以上にも及ぶテーブルゲームがありスロットゲームは約2300台以上が設置されていて世界の中でも最大級の数を取り揃えるカジノです。

 

客層は中国人が多く、テーブルゲームはバカラの他、ディーラーと対戦するポーカーや大人数参加型のマルチ電子ルーレット・大小が多く設置されいます。

スロットマシーンは最新機種からスロット台版ルーレットまで、ありとあらゆるカジノゲームがマリーナベイサンズにはそろっているといっても過言ではないでしょう。

また、ハイリミットスロットマシーンも1階のスロットエリアの一部区画にしっかりと設けられています。

マリーナベイサンズのカジノ概要

マリーナベイサンズ・カジノの概要
オープン日2010年7月13
入場料無料
ミニマムベット5SGD(ルーレット)
50SGD(ブラックジャック・バカラ)
10SGD(クラップス・マネーホイール)
年齢制限21歳以上
ドレスコード短パン、Tシャツ、ジーンズの軽装でも問題ないがビーチサンダルやスリッパは避けるべき。帽子やサングラスもNG。
テーブルゲーム数600以上
スロットマシン数2300以上
ゲームの種類シックボー(大小)・バカラ・ノーコミッションバカラ・7UPバカラ・パワーバカラ・ルーレット(アメリカン)・ブラックジャック・ポンツーン・テキサスホールデムボーナスプログレッシブ・スリーカードポーカー・シンガポールスタッドポーカー・スリーピクチャーズ・マネーホイール・クラップス・ミニダイス
フロア、広さ15,000平方メートル
4フロアのカジノ
喫煙可否指定エリアで許可

 

マリーナベイサンズカジノで遊ぶならやっておきたいカジノゲーム3選

テーブルゲーム

マリーナベイサンズのカジノに行ったら、ぜひやってみたいカジノゲームのベスト3です。

1、バカラ

テーブルゲームの王様ともいえるバカラはマリーナベイサンズで大人気のゲームです。

中国人も大好きということもあってバカラのテーブルはかなり賑わっています。

ゲームのルールはプレイヤーとバンカーのどちらが勝つのかを当てるゲームで配られたカードの合計数の下一桁の数字が9に近い方が勝ちになります。若干ですがディーラーが有利といわれています。

2、ポーカー

シンプルな3カードポーカーからカジノでは定番のテキサスホールデムポーカーやスタッドポーカーなどどれかひとつはやっておきたいカードゲームです。

ただし、どれもポーカーですから手役は一緒でも進行が違うので初めての場合は少しテーブルの後ろでみているとすぐにルールが理解できると思います。

3、ルーレット

ルーレットはディーラーが落とした玉がどの色や数字に入るかを当てるという最も簡単なカジノゲームの1つです。

ディーラーは、0から36までの番号が付けられたコンパートメントを含むルーレットホイールを回し、選択した番号のコンパートメントにボールが落ちたら勝利になります。

マリーナベイサンズのルーレットではミニマムベットが5SGD(約400円)から楽しむことができます。

マリーナベイサンズカジノのVIPになるためには?

マリーナベイサンズでは金沙会(Sands Rewards Club)という無料会員プログラムが用意されています。

作成にはパスポートが必要で無料で作れる会員カードになるのでカジノで遊ぶなら作っておくとよいでしょう。

入会手続きは5分程度で終了します。

 

ラスベガス・サンズ系列のリゾート施設でお金を使った分だけポイントが貯まるポイントカードで、ランクが5段階あり無料のクラブ会員はプレミア会員となります。次いでゴールド会員、プラチナ会員、ダイヤモンド会員となり、最上級ランクはパイザ・ゴールドとなります。

 

各ランクのために必要なポイントが以下になります。

サンズリワードクラブ特典一覧
ランク ランク維持に必要なポイント 1ポイントあたりの相当額(SGD)
サンズ・プレミア 無料 1シンガポールドル
サンズ・ゴールド 68 1.50シンガポールドル
サンズ・プラチナ 388 1.75シンガポールドル
サンズ・ダイヤモンド 1,288 2シンガポールドル
パイザ・ゴールド 3,888 2.25シンガポールドル

 

マリーナベイサンズのカジノでの軍資金は?

気になるところではマリーナベイサンズのカジノで遊ぶためにはいくらくらいの軍資金が必要なのかというのがあります。

 

マリーナベイサンズのカジノでしっかりと遊ぶには最低でも軍資金に5万円~10万円は用意しておきたいというのが正直なところです。

テーブルゲームのバカラや大小のミニマムベットは平場(一般客が遊ぶ場所)でも50シンガポールドル(約4,000円)となりますから、5万円でも正直少ないといえるでしょう。

また、平日と週末ではミニマムベットが変更され週末には値上がりすることも覚えておきましょう。

 

こちらがマリーナベイサンズカジノの主なゲームのミニマムベットとマックスベットです。

ゲーム名 ミニマムベット マックスベット
バカラ 50SGD
(約4,000円)
100SGD
(約8,000円)
150SGD
(約12,000円)
200SGD
(約16,000円)
300SGD
(約24,000円)
50,000SGD
(約400万円)
100,000SGD
(約800万円)
150,000SGD
(約1,200万円)
200,000SGD
(約1,600万円)
300,000SGD
(約2,400万円)
7アップバカラ 25SGD
(約2,000円)
50,000SGD
(約400万円)
バカラ(パイザルーム) 500SGD
(約40,000円)
500,000SGD~
(約4,000万円~)
ルーレット(インサイド)
ルーレット(アウトサイド)
2.5・5・10SGD
(約200・400・800円)
2.5・5・10SGD
(約200・400・800円)
1,000~2,000SGD
(約8万~16万円)
25,000~50,000SGD
(約200万~400万円)
ブラックジャック 25SGD
(約2,000円)
50SGD
(約4,000円)
5,000SGD
(約40万円)
5,000SGD
(約40万円)
ポンツーン 25SGD
(約2,000円)
50SGD
(約4,000円)
5,000SGD
(約40万円)
5,000SGD
(約40万円)
ロイヤル3ピクチャー 25SGD
(約2,000円)
50SGD
(約4,000円)
5,000SGD
(約40万円)
5,000SGD
(約40万円)
ブラックジャックスイッチ 25SGD
(約2,000円)
5,000SGD
(約40万円)
パイゴーポーカー(ANTE) 25SGD
(約2,000円)
50SGD
(約4,000円)
5,000SGD
(約40万円)
10,000SGD
(約80万円)
スタッドポーカー(ANTE) 25SGD
(約2,000円)
50SGD
(約4,000円)
5,000SGD
(約40万円)
10,000SGD
(約80万円)
テキサスホールデムボーナス(ANTE) 25SGD
(約2,000円)
50SGD
(約4,000円)
5,000SGD
(約40万円)
10,000SGD
(約80万円)

※1SGB≒80円で計算しています。

マリーナベイサンズカジノで注意しておきたいこと

カジノ内の入場に関しては21歳以上と制限されていて、お子様や21歳未満の同伴者でもカジノに入場できず、違反者には罰金が課せられます。

また、フロア内でのカメラやスマートフォンなどの持ち込みはOKですが撮影は一切禁止になっています。

 

ドレスコードも厳しくはありませんが、カジノ内は冷房が効いているので薄着の場合には上着を一枚持っていくのが望ましいでしょう。

 

マリーナベイサンズのカジノ内ではクレジットカード(Visa、MasterCard)も利用できますがチップの購入には3%の手数料がかかり、パスポートの確認があるので忘れないようにしましょう。(JCBは使えない可能性もあり。)

カジノ内でのいわゆるお礼のチップの文化はないようですので基本的に必要ありません。ホテルのサービスマンやルームクリーナーなどには小額のチップを払いましょう。

カジノ内ではゲームに集中してしまいがちですが、勝って興奮していても、負けて我を忘れそうになっても、自分の身の回りの荷物には注意してプレイしましょう。

マリーナベイサンズのホテル施設

統合型リゾートのマリーナベイサンズではカジノや客室だけでなくあらゆるエンターテイメントが用意されています。

客室

マリーナベイサンズのホテルの宿泊可能な客室は2500室以上もあり、さまざまなシチュエーションに対応しバリエーションが豊富です。

ホテルの詳細情報

客室数 2561
宿泊料金 36,476円 ~ 63,163円
チェックイン&アウト チェックイン15:00/チェックアウト11:00
休業日 年中無休
クレジットカード対応 VISA、JCB、American Express、Master Card、Diner’s Club
日本語対応 日常会話程度ならできるスタッフが数名

こちらでは客室の一部を紹介します。

デラックスルーム

marinabaysands-デラックスルーム

30平方メートル(323平方フィート)
シンガポールを象徴する世界有数の5つ星ホテルで、床から天井まで届く窓からの素晴らしい眺望が魅力。ガラス張りのシャワースペースを備えた広々としたバスルームがより一層優雅さを演出してくれます。
キングサイズベッドド1台またはシングルサイズベッド2台で最大収容人数は3名。

プレミアルーム

42平方メートル(452平方フィート)
ゆったり浸れる深めの浴槽も備えた、明るくて軽やかな雰囲気の快適なお部屋で贅沢なひとときを過ごせます。広々としたバスルームと深めの浴槽がポイント。
キングサイズベッドド1台またはシングルサイズベッド2台で最大収容人数は3名。

ファミリールーム

marinabaysands-ファミリールーム

62平方メートル(667平方フィート)より
家族連れに配慮したデザインの快適なお部屋で、快適なご滞在に必要なものすべてを取り揃えております。広々としたバスルームと深めの浴槽で楽しくゴージャスなひとときが過ごせます。
キングサイズベッド1台、およびソファーベッド1台、シングルベッド2台またはキングサイズベッド1台で収容人数は3~4名。

クラブルーム

44平方メートル(473平方フィート)
宿泊者専用利用のCLUB55ラウンジで、とびきり贅沢なひとときを過ごせます。シンガポールの壮大なパノラマビューを楽しむことができ、朝食、アフタヌーンティー、イブニング ドリンクおよびカナッペが無料と至れり尽くせりです。
キングサイズベッド1台で最大収容人数は3名。

サンズスイート

marinabaysands-サンズスイート

136平方メートル(1,463平方フィート)
サンズスイートでは、エンターテイメントとして、ビリヤード台を備えたお部屋またはメディアルームを用意しています。朝食、アフタヌーンティー、イブニング ドリンクおよびカナッペが無料でつき、スイート内チェックインおよび24時間専属バトラーサービスがある。
キングサイズベッドを備えたベッドルーム1室と独立したリビングルームがあり最大収容人数は3名。

ハーバースイート

marinabaysands-ハーバースイート

71 平方メートル(764平方フィート)
24時間バトラーサービスを提供している広々としたハーバースイートの快適さを満喫しできます。朝食、アフタヌーンティー、イブニング ドリンクおよびカナッペが無料でついてスイート内チェックインおよび24時間専属バトラーサービスが付く。
キングサイズベッドを備えたベッドルーム1室と独立したリビングルームがあり最大収容人数は3名。
※このスイートルームは、公式サイトのMarinaBaySands.comでのみ予約が可能な限定スイートルームです

 

今回紹介した客室はごく一部に過ぎず、他にもマリーナベイサンズのホテル棟にはたくさんの客室があります。

レストラン

マリーナベイサンズのレストランにはシンガポール料理、和食、洋食、中華、アジア料理、インド料理、アメリカ料理などなどさまざまな飲食店が点在しています。

サンズグループの厳選レストランもぜひ堪能してほしい観光スポットといえるでしょう。

代表的なレストランを紹介します。

ADRIFT BY DAVID MYERS

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kick-start 2020 with our signature Lobster Roll 🦞 Thank you @lifeofpantaitai for the amazing shot 😍 #LobsterRoll

Adrift by David Myers(@adriftbydavidmyers)がシェアした投稿 –

【創作アジア料理】活気あふれる居酒屋をモダンにアレンジしたレストランAdriftでは、多彩な創作アジア料理や、仕事帰りの1杯をお楽しみいただけます。

BLACK TAP CRAFT BURGERS & BEER

【洋食】ニューヨーク発祥レストランのアジア第1号店。何段にも重ねたグルメバーガー、ボリューム満点のミルクシェイク、クラフトビールやカクテルなどが楽しめます。

KOMA SINGAPORE

【和食】贅沢な空間の中で、五感を刺激する創作和食が楽しめる。エグゼクティブシェフの諸井邦浩氏が考案したオリジナル創作料理を中心に、日本から仕入れた新鮮な旬の食材を使用したメニューや、様々な銘柄の日本酒を嗜むことができる。

CLUB55

 

この投稿をInstagramで見る

 

Thx my landlady today #marinabaysands #club55marinabaysands #teatime #lightfood

💞 J Gue 💞(@jamei.gue)がシェアした投稿 –

【創作アジア料理】地上55階のClub55では、ワインやスピリッツ、ビールのテイスティングフライトに加え、多彩なタパス(小皿料理)をお楽しみいただけます。

CUT BY WOLFGANG PUCK

JUSTIN FLAVOURS OF ASIA

【郷土料理】シンガポール料理界を牽引するセレブリティシェフ、ジャスティン・クエック氏が手がけるJustINは、シンガポールの伝統料理を独自に解釈した創作料理を楽しめるレストランです。

ショッピング

marinabaysands-ショッピングモール

マリーナベイサンズのショッピングモール「ザ・ショップス・アット・マリーナ・ベイ・サンズ」には老舗の高級ブランドから最新ブランドまで様々なコレクションが充実しています。

 

敷地面積は約7万4320㎡で東京ドームの1.6倍もあり、フードコートや飲食店も入っているので1日ショッピングに使っても飽きません。

marinabaysands-shopppingmall

 

モール内にはさすがサンズの系列ホテルということでヴェネチアンを彷彿とさせる運河もあり、ゴンドラ舟も10シンガポールドルで乗船可能です。

marinabaysands-ゴンドラ舟

月曜~木曜の午前10時~午後4時に100シンガポールドル以上の買いものをすると無料駐車券がもらえます。

インフィニティプール

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sunset Lover 🌇 ==================================== Settembre è il mese dei grandi propositi, vediamo anche se ritrovo la voglia di pubblicare qualche foto!! Quest’estate è stata stupenda, mi sono goduta il mare, Maya, gli amici e i ritmi rallentati ma adesso x noi ricominciano i countdown e le partenze 😍😍😍 In Versilia fa ancora caldo e l’estate sembra proprio che voglia durare ancora un po’ ma tra qualche giorno noi andremo a cercare il fresco…. devo dire che i bei tramonti sul mare mi mancheranno un po’ ♥️♥️♥️ Beh questo non era sul mare di tramonto ma è stato comunque magico… no?? . . . #singapore#marinabaysands#infinitypool#infinitypoolmarinabaysands#sunset#tramonto#sunsetlover#travel#travelling#instatravel#travelaroundtheworld#neverstop#exploring#picoftheday#photography#igtravel#instagood#travelphotography#neverstopexploring#momentgoals#femmetravel#thinkdifferent#thetravelwomen#girltraveller#positivevibes#travelgirls#mangiaviviviaggia#livewithoutshoes

𝙵𝚛𝚊𝚗𝚌𝚎𝚜𝚌𝚊 – 𝚃𝚛𝚊𝚟𝚎𝚕 𝙰𝚍𝚍𝚒𝚌𝚝𝚎𝚍 ✈(@france_travellover)がシェアした投稿 –

インフィニティプールは宿泊者限定の地上57階の屋上のプールで、マリーナベイサンズの代名詞的な施設です。シンガポールの街を一望できる絶景は日中でも夕暮れ時でも夜景でも素晴らしいものがあります。

営業時間は年中無休で午前6時~午後11時まで。

スカイパーク展望デッキ

 

この投稿をInstagramで見る

 

🇸🇬 ⠀ Blick vom Skypark des Marina Bay Sands auf das nächtliche Singapur. Mit dem Aufzug ging es (ohne Anstehen!) in wenigen Sekunden auf das Observation Deck. 26 Singapur-Dollar (ca. 17€) kostete das Ticket (Stand Dez. 2019). Der weltbekannte Infinitypool ist allerdings nur den Hotelgästen vorenthalten. Den Preis fanden wir in Ordnung. Was meint Ihr? ⠀ ⠀ ▫️Follow @derkuestenjunge ⠀⠀⠀ ⠀ ⠀⠀ #singapore #singapore🇸🇬 #singaporeatnight #singapore_insta #singapur #singapurbeinacht #singapurnachts #marinabaysands #marinabaysandshotel #marinabaysingapore #marinabayhotel #skyparkmarinabaysands #marinabaysandsskypark #skyparkmbs #skyparkmarinabay #skyparkmarinabaysandshotelsingapore #skyparkmarinabaysand57thfl #derkuestenjunge #citylight #citylights🌃 #citylighting #citylightsatnight #citybynight #citybynight🌃 #stadtlichter #stadtbeinacht

DER KÜSTENJUNGE(@derkuestenjunge)がシェアした投稿 –

展望デッキにはサンズ・スカイパークのルーフトップバーやレストランがあり街とスカイラインを一望する素晴らしい眺望を楽しむことができます。

マリーナ湾とシンガポールが誇るワールドクラスの摩天楼がパノラマに広がり感動すること間違いなしです。

展望デッキには宿泊者でなくとも入場はできますが有料となります。

料金は宿泊者と2歳未満は無料。2~12歳は20シンガポールドル、13~64歳は26シンガポールドル、65歳以上のシニアは23シンガポールドル。

マリーナベイサンズの周辺のホテル

マリーナベイサンズの周辺には5つ星ホテルや4つ星ホテルなどホテルが無数にあります。

カジノ目当てでの旅行となればもうひとつのカジノがあるセントーサ島のに宿泊するリゾートワールドセントーサに宿泊するのも選択肢のひとつですね。

シンガポール観光-セントーサカジノ

こちらが代表的なマリーナベイサンズのホテル周辺にある5つ星、4つ星のホテルです。

マリーナベイサンズからの距離をヒントに宿泊先の参考にしてみてください。

・ザ・フラートン・ホテル・シンガポール 660m
・ザ・リッツ・カールトン・ミレニア・シンガポール 900m
・マンダリンオリエンタル・シンガポール 880m
・ペニンシュラ・エクセルシオール 1.3km
・スイソテル・ザ・スタンフォード 1.2km
・グランドパークシティーホール 1.4km
・コンラッド センテニアル シンガポール 1.1km
・パン パシフィック シンガポール 1.1km
・ラッフルズホテル 1.4km

マリーナベイサンズの周辺観光スポット

シンガポール観光は見どころがいっぱいあり、昼は観光、カジノは夜中と夢中になっていると寝不足必至です。

それくらい観光スポットがシンガポールにはあります。

観光するのであれば計画的にゆとりを持ちましょう。

マーライオン公園

marinabaysands-マーライオン

口から水を吐き出すマーライオン像がある公園です。マーライオン像は、高さ8.6メートルあり重さは70トンもある。マーライオンとマリーナベイサンズを一緒に写真で撮ったり、口から吐き出す水を大きな口を開けて飲んでいるように見せる定番の撮影方法は人気があります。

ガーデンズバイザベイ

marinabaysands-ガーデンバイザベイ

シンガポール中央の埋立地に作られた101 ヘクタール ほどの広さの国立公園のガーデンズバイザベイもシンガポール観光のメインとなる観光スポットです。

メインとなるガーデンラプソディ(ナイトショー)は19:45と20:45の1日2回で10分間の光のショーが開催されます。

また、クラウドフォレストは混雑時にはかなり待つのでホテルの人に情報を聞いておくのもいいかもしれません。

ユニバーサルスタジオシンガポール

シンガポール観光-ユニバーサルスタジオ

日本の大阪にもありますが、アジアでは日本の次にできたユニバーサルスタジオです。

シンガポールのユニバーサルスタジオは他のユニバーサルスタジオとアトラクション数がちょっと少なく25となります。

子供連れでのシンガポール旅行にはおすすめのスポットです。

シンガポール・フライヤー

2008年3月1日に開業したシンガポール・フライヤーはアジア最大の観覧車です。

シンガポール・フライヤーは通常のイメージの観覧車とは異なり、ひとつのカプセルに28人が乗り込むことができ、そのカプセルが28個ある超大型の観覧車です。

乗車時間は約30分です。

チャイナタウン

シンガポール観光-牛車水

チャイナタウンには横浜の中華街のようなにぎやかさと活気があるシンガポール観光では外せないスポットのひとつ。

飲食店も多いエリアではあるがインド系の人々がたくさん住んでいた歴史があり、ヒンドゥー系の寺院もある。チャイナタウンエリアにある「スリ・マリアマン寺院」も観光名所としては有名です。

マウントフェーバー公園

 

この投稿をInstagramで見る

 

🇸🇬シンガポール🇸🇬セントーサ島🏝 この海を渡るケーブルカー、想像以上に迫力があってドキドキだった🤭 シンガポールには島全体がアクティビティになっているセントーサ島という島があって、そこに行くのにこんなケーブルカーに乗れるの😊 とっても長い距離のケーブルカーで、特に海を渡るから、シンガポールに行ったら絶対乗ろうと決めてた✨ ジェットコースターみたいに、ふわって浮く感覚もあって、こわかったけどとても思い出に残ってる😋 そしてセントーサ島の海は、とても綺麗だった😍 大興奮だったケーブルカー、また乗りたいなぁ〜! * このケーブルカーのチケット、公式で買うと2600円ぐらいするのだけど、@kkdayjp では1900円で買えて700円もお得なの! #kkdayjp では世界60ヶ国のツアーやチケットを取り扱ってて、公式よりもお得に買えるものも多いよ。 海外旅行のときはチェックしてみてね😊 * * * #pr #シンガポール #シンガポール旅行 #singapore #セントーサ島 #シンガポールケーブルカー #ケーブルカー #singaporetrip #genic_singapore #シンガポール観光 #アラブ #写真好きな人と繋がりたい #ファインダー越しの私の世界 #タビジョ #lw10月の旅 #jtbで旅したい #マイトリ #singapore #シンガポール観光 #arabstreet #今だからできる旅 #たびすたぐらむ #genic_mag #旅ライター #旅ブロガー #フォトグラファー #カップル旅行 #singaporecity #singaporetravel #sentosa #青い海

Nami | Travel blogger(@trippedia100)がシェアした投稿 –

シンガポール本島の南端にある高さ105mの小高い丘で、マウントフェーバー公園からはセントーサ島にケーブルカーで渡ることが可能です。

まとめ

マリーナベイサンズのカジノ目的での旅行でも、観光でも、はたまたゴルフでも確実に楽しめるのがシンガポール旅行です。

マリーナベイサンズのカジノはもちろん世界最高水準ですが、初めてシンガポールに行く人にとっては、アレも行きたいコレも行きたいと観光スポットがたくさんあり過ぎて迷ってしまうのもシンガポール旅行の特長です。

 

せっかく行くのであれば軍資金をたくさん持ってマリーナベイサンズのカジノ、そしてシンガポールのを楽しんでほしいと願っています。

 

とくにカジノ好きな方はぜひマリーナベイサンズのカジノを1度訪れてみてください。

ラスベガスサンズが本気で作った世界最大級のカジノリゾートを、そして思う存分好きなゲームを満足するまで堪能することができることでしょう。